2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« 長野 ハイキング編 | トップページ | 長野 サン・クゼール編 »

2009年8月24日 (月)

長野 ハイキング・アクシデント編

ハイキング編、素晴らしい滝を見ながらさぞかし軽快に山歩きを
楽しんでいるように思われた方もいるでしょう・・・

確かに楽しかったですが、実はとんでもないことが起こっていたのです。

いつも山を歩いたりする時、日本で買ったゴアテックスの
ウォーキングシューズをここ数年履いていたのですが、
今年はその靴がなぜか見つからず、時間もなかったことから
10年近くもしまいっ放しの登山シューズを持って行きました。

これは結婚した翌年、もう15年前にそらりきパパとスイスにいる友人のところに
遊びに行き、マッターホルンの麓の町、ツェルマットというところで
買った
ちゃんとした登山シューズなんですsweat01
(なぜこんなことをわざわざ書くかというと、そらりきパパがスイスで
 登山シューズを買うからだとからかうので)

前置きが長くなってしまいましたが、何が起きたかというと
この靴が壊れたのですcoldsweats01
登山道入口の駐車場まで車ではサンダルを履いていました。
いよいよ履き換えて行くよーというところで、靴底がひとつ???
「こんなところに靴底が捨ててあるよ」といいながら、もう片方の足を
上げるとまた靴底が???「え?これって私のsweat02

でもまだ靴底1枚はついていたし、中敷きもしっかりしてたので
「まぁ、大丈夫か、大した道ではなさそうだし・・・」と思い、
剥がれた靴底を車に残し、そのまま履いていきました。

が、往路半分のところから靴底が怪しい感じに・・・
それからはそらりきパパが何十回も靴ひもで中敷きと靴を固定
するために、縛ってくれていましたweep
でも3つ目の滝に行く途中でもうかなり厳しい状態になり、
ワンズのうん○袋のビニールを靴に被せて、紐で固定して
なんとか駐車場まで無事に怪我することなく戻ってきましたwink

Nagano09081519 Nagano090815282 Nagano09081523

« 長野 ハイキング編 | トップページ | 長野 サン・クゼール編 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

もりだくさんの楽しい夏休みでしたね♪
靴底、す、すごい! 
ウン袋がそんなとこで役に立つなんて・・

わたしはペタンコ靴で街を歩いていたときに、
底がボロボロくずれてきて、ベロッとはがれてしまったことがあります。
恥ずかしかった~!
地下鉄の駅に破片をぽろぽろ落として歩いて・・。
古くてゴムが劣化していたんでしょうね。

そういえば、うちも同じく結婚した翌年に
ツェルマットに行きました。
ワンズがいると、もう海外はなかなか行けないですね。

おかしい!!!って、笑っちゃだめ??
でも山道での、靴の破損は大変だよね。
私も昔、何年ぶりかでテニスをしたとき、テニスコートに
シューズの底の残骸が・・・。もう、笑った笑った!
で、もうひとつ、何年か前、ディズニーシーに初めて行った時かな、
旦那の靴底がワニみたいに・・。
ガムテをもらって修理したけど、それでもパカパカ
言わせながら、歩いていたよ。
長く生きてる証拠だよ!!!

タロキーママさんへ
 タロキーママさんも同じことがありましたか~。
 それも街中で…、結構つらいかもbleah
 私も何事もなかったように歩いていましたが、
 子供が山道で止まって「パパ達遅いね~」と会話していたら、
 通り過ぎた方たちが「大丈夫、もうすぐ来るよ。お父さんがちゃんと
 お母さんの靴を治してあげていたから」と言われたとかcoldsweats01

 そう、ワンズがいると国内でも行かれないところもあり、
 まして海外なんて難しいですね。
 でもやはりワンズがいる生活のほうが今は楽しいですよね!

mutsumiちゃんへ
 な~んだ、mutsumiちゃんも旦那さんもあるんだ!
 まぁそういう時は笑うしかないよね!
 私なんて「大丈夫、大丈夫」なんてお気楽に歩いていたけど、
 旦那のほうが私の足元とそらりきを気にして、
 山歩きを楽しめなかったんじゃないかな?

おもしろーい。
笑っちゃいけないけど、ゴメン、お魚をさばいたように
きれいにバラバラになった登山靴を見たら 笑ってしまいました。
さぞ・・・大変だったでしょうねーcoldsweats01
これもまた、楽しい思い出ですね。

cheri_blueさんへ
 もう笑ってください、それしかないです。
 当の私も笑ってましたから~。
 だんだんと中敷が前に出てきたりして、
 その都度主人が結びなおしてくれて、私より
 主人のほうが大変だったかもしれませんsweat01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544500/46021184

この記事へのトラックバック一覧です: 長野 ハイキング・アクシデント編:

« 長野 ハイキング編 | トップページ | 長野 サン・クゼール編 »