2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« 秋超えの冬、風邪引いた | トップページ | 夜、ママはモテテ・・・ »

2010年10月31日 (日)

命への応援歌

今日、沢田知可子さんのコンサートnoteにそらりきパパと行って来ました。

彼女のコンサートには独身時代から行っていました。

皆さまおなじみの曲「会いたい」から、私も沢田さんというシンガーを知りました。

それからCDを聴いて、彼女の歌声が好きになり、コンサートに足を運ぶようになりました。

子育ての期間は彼女や他のアーチストのコンサートからは遠ざかっていましたが、

2年前に新聞で彼女のコンサートの開催を知り、そのときは夜だったので、

留守番をそらりきパパにお願いして、義姉と行き、歌に話に感動して帰ってきました。

                                                      

今日は3時から開演ということもあり、久しぶりにそらりきパパを誘って行きました。

お客さんの年齢層は高くてちょっとびっくりしました。

そらりきパパいわく、男性の中では俺が一番若いな!なんて言ってたけど・・・

まぁ私たち以上の年齢層が多かったのは本当!

でも子ども連れの方もいらっしゃいましたよ。

余談が長いのが私の悪い癖ですね!

私は「会いたい」という曲も好きですが、それ以上に好きな曲がたくさんあります。

沢田さんは歌セラピーの活動に力を入れています。

「Gift」という曲、、自殺防止ソングにもなったそうです。

自殺を考えている方へのメッセージだけでなく、今を生きている人への応援ソングでも

あると私は思っています。

この歌詞の内容は精神的病に苦しんでいる人にはよくないと精神科医からは

問題視されたこともあるようです。

たしかに頑張った結果、病になり苦しんでいる方には辛いかもしれません。

でも沢田さんは「がんばれ」という言葉は使いづらい今の世の中だから、

この言葉に強い言霊(ことだま)を込めて、命の尊さを歌っています。

                                                      

日々の生活の中で子どもが親に虐待されて死んでしまうニュース、

いじめによる自殺のニュースが毎日のようにテレビをつければ、目に耳に

飛び込んできます。「なぜなんだろう、何でくいとめられなかったのだろう?」と

思いながら、私も心を痛めています。

先日も小学6年生の女の子が自分で命を絶ってしまいました。

お父様は春から10回も学校に足を運んで学校に問題解決を訴えていたそうです。

詳しい状況はわかりませんが、親は子どもを守ろうとした、学校側も何らかの対処を

したのかもしれない・・・、でも女の子は逝ってしまった。

学校側の会見を聞いて、いじめがあったことを認めない校長先生、私はこの先生には

子どもを預けられないと思った、自分なのか学校なのかわからないけど、

女の子の命より守ろうとしているものって・・・

ご両親の気持ちはきっと伝わっていただろうに、女の子を引きとめる何かが

足りなかった。

私はご両親と女の子を責める気持ちなどまったくありません。

自分の子供には命の尊さを日頃から伝えていかないといけないんだということを

より感じて、今日はこの曲を前回聴いたときとはまた違う気持ちで涙しながら

聴いていました。子供たちの命を守るためにできることは何かと、強く優しく生きていく

にはどうしたらいいのかと考えながら。

                                                

Gift (作詞・作曲 沢田知可子)


生きる力を無くした君は
ベットの上の抜け殻みたい
早く起きてよ… 目を覚ましなよ…
死んじゃだめだよ… あきらめないでよ…
がんばれがんばれがんばれ 何度でも呼ぶよ
がんばれがんばれ君の命 呼び戻すよ

何で逃げるの…何で誰にも
親にも言えず独り苦しみ
友達なのに… 友達だよね…
情けなくって 悔しくて泣いた
がんばれがんばれがんばれ 何度でも呼ぶよ
がんばれがんばれ君の命 呼び戻すよ

もしも目覚めて もう一度君が
「死にたい」なんて 言ったりしたら
本気で君を殴りそうだよ
だけど本気で 抱きしめて言うよ
がんばれがんばれがんばれ 愛を信じてよ
がんばれがんばれもっと 愛を信じようよ

生きていれば夢も変わる 出逢いも巡りめぐるから
たった一つ、一つでいい 生きる力を探そう

がんばれがんばれがんばれ 朝を迎えてよ
がんばれがんばれ せめて朝を迎えようよ

がんばれがんばれがんばれ 大切な命
がんばれがんばれ 君の朝を迎えようよ

                                                     

そして、歌だけでなく犬とオーナーの病気に向き合う生き方からも大切なことを

教えてもらいました。

ブログ「しあわせのかたち」 さららさんのご愛犬ルーパス君が闘病と戦いながら

本当に頑張ったのに、5歳半という短い命で逝ってしまいました。

ブログ村でさららさんのブログを知り、しばらくは読み逃げしていたのですが、

さららさんの献身的、プロフェッショナルな看護とそれに応えて頑張るルーパス君の

姿にコメントせずにはいられずに書き込みさせていただいたら、りきとルーパス君が

親戚犬、そらとアレン君が親戚犬ということがわかり、嬉しくてそれから本当に短い間

でしたが、書き込みさせていただきました。

頑張れなんて簡単に言えない、言う必要もないほど頑張っていたルーパス君、

今は悲しくて言葉が見つからないけど、「ありがとう、本当にありがとう、ルーパス君と

会えてよかった」とだけ、今は言わせてください。スヤスヤと眠ってくださいね。
                                                      

ポチッとお願いします!

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村

« 秋超えの冬、風邪引いた | トップページ | 夜、ママはモテテ・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544500/49899386

この記事へのトラックバック一覧です: 命への応援歌:

« 秋超えの冬、風邪引いた | トップページ | 夜、ママはモテテ・・・ »