2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« 地震は続く そして原発のこと | トップページ | 大型停電?!長女の到着予定時間お知らせに学校も大変です! »

2011年3月16日 (水)

愛犬とともに被災した家に残る男性と東北人のすごさ

今日は風が強くて寒い日でしたね。

被災地はもっと寒いのに暖房がなかったり、少なかったりして本当に大変な思いをしていらっしゃるかと

思うと心が痛くなります。

体調をくずされた方もでてきたようで、インフルエンザや胃腸炎が流行り始めているとか。

本当になんとかならないんでしょうか、この避難所の現状。

どうか被災地までスムーズにいけるようになったなら、ガソリンが足りなくて行けないなんて

ことのないように買いだめしないでください、東京の皆さん。(今も起こっている状況ですが)

                                                        

ここ2日間ぐらい、あの怖しい津波の映像より各テレビ局の方が避難所、被災地に入って

物資の足りない状況やどうやって助かったのかを被災者の方にインタビューする映像が

多くなってきました。

皆さん、離れた家族に自分の無事を伝えようと「私は元気です。心配しないでください」

自分のことより家族や知り合いの方を安心させようと気遣いの言葉がほとんどで

大変だとか辛いとか言う方はいませんでした。

たぶん、テレビに映らないところでは泣いたり、怒ったり感情を出している方もいるかもしれませんが、

それがあの現状なら普通のことだと思います。

「みんな同じだから、協力し合ってやり直すしかない」という言葉がたくさんの方から出るのを聞くと、

東北の方のたくましさ、優しさ、古里を愛する強い気持ちがひしひしと感じられます。

                                                      

今朝の情報番組で南三陸町で被災されたご夫婦にレポーターの方が同行していました。

家は崩壊こそしてませんが、家の中はメチャクチャ、窓も玄関もないような状態でした。

それでも避難所から家の片づけをしに明るい間、戻って来ています。

そして奥さんとお嬢さんは夕方、避難所に引き上げるのですが、お父さんはその家に残るんです。

それはなぜかというと、避難所に犬は連れてはいけないので、犬だけを家に残しておけないから、

お父さんは一緒に夜を過ごすのだと言っていました。

風が入って来て夜はとても冷えるだろう家に愛犬のために残る、お年は60代か70代かと

思われます。

座るお父さんの横にワンちゃんが尻尾を振って寄りそう二人の後ろ姿が今でも目に焼き付いています。

このワンちゃんは幸せだなと思いつつも、やっぱりこの非常事態にワンコやネコちゃんは

どうしたって人間優先で、一緒にいることはできないんだなという現実。

家が流されてしまってないワンちゃんとそのオーナーはどうするんでしょうか?

外でワンちゃんたちだけ隔離されてしまうのでしょうか?

東京に地震が来て我が家がつぶれてしまったら、たぶん私たち家族はすぐ近くの小学校に

避難するんでしょうけど、そらとりきは?他のワンちゃんと一緒のサークルにいるなんて、

たぶんそらはすごいストレスで病気になってしまうかも・・・

対策を考えると言ってもその時の状況で違ってくるし・・・と考えさせられました。

                                                      

こたつ布団の上でヌクヌクと寝ていられるなんて幸せなんだよ~

21000311                                                       

ポチッとしていただけたら、嬉しいですhappy01

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村

« 地震は続く そして原発のこと | トップページ | 大型停電?!長女の到着予定時間お知らせに学校も大変です! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

本当に胸が痛いです。
この非常時に、犬どころじゃないだろう!というご意見も多いのでしょうけれど
この場だけでは話させていただきたい。置いては行けません。
もちろん犬だけではないですよね。
牛、馬など、すべての一緒に暮らしていた動物と別れるのは断腸の思いでしょう。
れおのことで言えば、れおは例え自由に逃げなさい、と言われても
絶対に必死でついてくると思います。
どうしたらいいのでしょうね。考えただけで涙が出てきます・・・
本当に少しでも早く復興が進むように、私のできることはしっかりしていくつもりです。

まみみさんへ

明日がわが身として考えなくてはならない機会を与えてくれたと
思って、災害のときの心構えと対策をきちんと考えなくてはと
思っています、この思いが薄れぬうちに。
絶対において行くことはできないですね。
リードをつける時間なく外に出すことになっても、この子たちは
私たちが出てくるのを待っているのではないかと思います。
その時にならないとわかりませんが・・・
シェルティはびっくりして走り出すと帰巣本能がないと言われていますから、
ネームタグのネックレスは常につけさせておこうかと思います。
れお君、地震が怖いからこれ以上大きな地震、余震が来ないといいですね。
家は大きく揺れると先週の地震のとき私が呼んで外に一緒にでたせいか、
そらもりきも私のそばにサッと駆け寄って来るんですよ!

災害時に愛犬を置いていくなんて絶対に出来ませんよね!
かといって避難場所で受け入れてもらえなかったとしたら・・・。
幸いにも我が家の周りは家が密集している所ではなく
その割には立派な体育館が建てられているので
その一角にペットをおく事は可能かもしれません。
でも、その子達の世話は? 食べ物や排泄物の後片付けは?
きっと誰もがペットの世話どころじゃないと思います。
結局自分の愛犬は自分で守るしかないんですよね!

今回の事でネオたん用の非常用の持ち出し袋も準備しておかなきゃと思いました。

ネオママさんへ

本当に災害時の愛犬対策を考えなくてはいけませんね。
うちもワンズの非常食や肉球を守るための靴下とか
揃えておこうかと考えてます。
この辺はワンを多頭飼いをしている人たちが多いので、
地震が来たら大変だろうなぁと思います。
ネオママさんのところはスペースに余裕がありそうでいいですね!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544500/51139707

この記事へのトラックバック一覧です: 愛犬とともに被災した家に残る男性と東北人のすごさ:

« 地震は続く そして原発のこと | トップページ | 大型停電?!長女の到着予定時間お知らせに学校も大変です! »