2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« 受験生の母頼りなくも、終了! | トップページ | ブルーマール・パピーのノノちゃん♪ »

2012年2月 6日 (月)

中学受験、終わって思うこと

前回のブログで私の思い出日記として残しておきたくて長々と書いたにもかかわらず、

読んでくださり、お祝いと次女へのお心あるお言葉をいただきまして、

本当にありがとうございました。とても嬉しかったですhappy02

また家で吐き出すことのできなかった思いを聞いてくださった公園仲間の先輩お母様方、

ランチで聞いてくれたお友達のTさん、過去問のコピーするにあたって事務所のコピー機を

貸してくれつつ話をきいてくれたMちゃん、本当にありがとうございましたconfident

もう少し中学受験のことを書かせていただきたいと思います。

けっこう長くなると思うのでスルーしてくださって結構ですよーcoldsweats01

                                                      

中学受験は親の受験と言われるくらい親のサポートが必要ですが、でも親子の受験と

言ったほうが正しいでしょうthink

数々の学校説明会に足を運び、この学校は我が子に合っているのでは?と思える学校に

子どもを連れて行き、6年間通学したいと思えるか、受験できるまでのお勉強はできている

のかなどなど、子どもの反応や塾の先生との面談などで志望校を決めて行くのですが、

親もやはり不安になるものですsweat02

この学校選びは正解だったのだろうか、合格できるようサポートできているのだろうか、

どんな親御さんでもそれはそれはたくさんのことを考えると思うんですね。

                                                      

そして生活も明らかに変わります。

週に3回~4回の塾弁当作り、お迎え、週末のテスト、学校見学・・・

親も子供も時間のやりくりをどうするか、など。

正直、次女が4年生のとき「私は受験はしない」と言い切った時、ホッとしたんですhappy01

3時過ぎにお弁当を作って送り出し、そら&りきのお散歩、夕飯の用意、塾までお迎えなどなど、

受験しないということはこの生活をしなくてもいい!

が、4年生の終わりに「やっぱり受験する」と言われた時は、「ひぇ~shock」と正直思いましたよ。

あの生活がまた始まるのかとsweat02

でもやると決めたら子どもにも頑張ってもらわないと、私もそれなりに覚悟が必要です。

                                                     

今は中学受験をする子は3年生後半からの塾通いが普通で、うちの子は4年生も終わりになる

ときにスタート、それまで学校の宿題とドリルを少々やるくらいで勉強の基礎なし。

そんなんでこの受験生生活が続くのかと半信半疑に始めた塾通い、意外にもこの冬期講習まで

1回も塾をやめたいとか受験をやめたいということなくやってきました。

それが前回にも書いた冬期講習を境に「過去問もちゃんとやってないし、今までちゃんと

勉強していなかった自分のせいで、きっとどこを受けても合格しないから受験をやめる」

と自分を責めて泣きだすcryingことが多くなった。

誰しも受験本番が近付くと気持ちが不安定になるものですが、さすがに私もこの精神状態では

本当にまずい結果になるかもと、塾長に相談するもなんだか熱い反応がないdespair

もうこうなったら私が良いと思うようにやっていくしかないsign01

塾を休ませ、勉強することをやめさせ、睡眠と気分転換、好きなものを夕飯に。

をやったら一日休んだだけで、「塾に行く」と自分から行きました。

                                                      

受験が終わってから次女が話してくれました。

「正直、あの冬休みは最悪だったdown。本当に無理だと思ったけど、なんとかそこを乗り越え

たから、ここまで来れたのかな。ママも大変だったでしょう?疲れたでしょう?

私は今は本当にスッキリして後悔のない受験だったよ。」と。

私はこの次女の言葉に本当に救われましたweep

彼女なりにいろいろな思いを消化して整理して、また頑張る気持ちを復活させたのでしょう。

そして後悔のない受験だったと言ってくれた。

                                                      

私はこの1カ月半、自分の管理の甘さ(勉強は塾に任せて口出ししないほうがいいと思っていたので)、

塾選び、学校選びに自信がなくなって、子どものモチベーションを下げないようにしつつ、

自分の気持ちを維持するのも精一杯coldsweats02

改めて受験の厳しさを痛感し、誰にも言わなかったけどストレスによる軽度の顔面神経痛?、

顔が痙攣する症状が1月半ばがからでていたのです。

でも受験が終わった途端、この症状はすっかり出なくなりましたbleah

これも次女が頑張って結果を出してくれたお陰でしょう。

                                                      

試験前夜もよく眠れたし、試験中も緊張しなかったからこんなんでいいのかと思ったとか。

けれど、今まで解いたこの学校の過去問よりスムーズに解けた気がして、それもまた不安に

なったらしい。それだけに試験が終わって合格発表の時間までのほうが緊張したと。

「私は本番に合う問題が出たから、ラッキーにも合格できたんだね」と言う次女に私は

「違うよ、それは実力だよ。日頃の勉強を頑張ったからちゃんと解けたんだよ。

 その努力が運を呼び寄せたんだよ、運も実力なんだよ」と他人が聞いたら、

何言っちゃってるんだか、この母親・・・gawkと思われるようなことを言いました。

確かに相性のいい問題と悪い問題ってあるんですよね。

同じ学校の過去問でも年度が違ったり、1回目と2回目の問題で点数が良い回とあまり取れない回、

だから第一志望校が複数回受験可能校なら1回で諦めず、2回目もチャレンジしたほうが

いいということらしいです。

                                                      

合格した学校への準備はすでに始まっていますnote

合格した翌々日には入学手続き(入学金を納めるんですねーmoneybagdash)、日曜日は制服の採寸、

今週は保護者会向けの入学説明会、来週は親子向けのガイダンスと・・・

                                                      

そして昨日まで頑張ってチャレンジしていた次女の親友も見事、合格ゲットsign03

メールをもらったときは返信するのももどかしく、ママに電話して二人で泣いた、泣いた。

中日、抑えの学校をパパさんが願書を出しに行ったのに、そこは受けず志望校を再チャレンジ、

残念な結果だけど悔いなしと言いきり、翌日、本命志望校をチャレンジ、結果がまだ出ないまま、

翌々日も他校をチャレンジ、本命校を合格していることを知ったのはその試験が終わってからだから、

私と次女のほうがお先に結果を聞いてしまったんです。

次女は自分の合格を聞いたときは、緊張感から解放されたせいか大喜びの感情を出すことが

あまりできなかったのに、友達の合格を聞いた途端「やったぁー、やったぁー。だから○○ちゃんは

大丈夫って言ったでしょ。負けず嫌いだもん、頑張り屋だもん」とものすごい喜びようhappy02

前日も4日目に合格をもらった友達の報告に大喜び。

私も3人娘の母親のように祈っていたので、彼女たちのチャレンジ精神と強さに脱帽。

どんな気持ちで毎日、試験に挑んでいたのかと思うともう涙がしばし止まらず・・・weep

                                                      

このハードな中学受験の態勢にやはり思うところありですが、親子がひとつの目標に向かって、

一丸となって頑張れるのもそうないことなので、よい経験と思い出になることも確かです。

長女は中高一貫校の高校進学も無事に決まり、次女も順調に学校生活を過ごしてくれれば、

高校にそのまま進学です。その先の大学受験を選ぶのなら、もう本人主体になりますから、

親の出る幕はそれほどないと思います。

これからはせっかく入った学校でどれだけいろいろなものを吸収したり、友人関係を築いていくかは

本人次第ということで、また新たなスタートを切ってもらいましょうrock

                                                      

さっそく塾の教材やノートの片づけに取りかかっています。

「おねぇちゃん、頑張りました」

201202042014000

                                                     

「おねえちゃん、片づけ途中でゲームしてます」

201202042016001

                                                      

すごい量の教材とノートです。よくこんなに勉強しました。

2012021

                                                      

2012022

                                                      

長女が中学受験の時に使ったリュック、次女も使いました。

二人とも重い教材とノート、お弁当を入れて頑張って塾通いしました。

2012023

                                                      

長々と失礼しました。

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村

« 受験生の母頼りなくも、終了! | トップページ | ブルーマール・パピーのノノちゃん♪ »

家族」カテゴリの記事

コメント

長文とは感じませんでしたよ
息をするのも忘れ一気に読ませていただきました
長女さんの時からの事も思い出し、長い長い戦いだったのだと、
それを乗り越えられたそらりき家の皆様素晴らしいご家族だわshine
そして、やっぱり今日も泣いちゃいましたー!

次女さんの志望校合格、本当におめでとうございますcherryblossom
お友達も合格が決まって良かったですね。
長女さんの時にも書いたかもしれませんが、残りの小学生生活楽しんでください。
そして4月からの新しい中学校生活が素晴らしいものになりますように。

うちは次女の高校受験の時「お母さんは二人目だし、慣れているから大丈夫でしょ?」
と担任の先生に言われましたが、姉妹でも行きたい学校は違うし、性格は違うし、
「そんな簡単じゃないのよね」と思いましたよ~

どらさんへ

 毎回、読んでくれてありがとうございます!
長女のときは初めてでよくわからないまま、
進んでいたような気がしますし、塾の先生との信頼関係が
あったので、今回ほどバタバタにならなかったような気がします。
                                                                     
よくテレビで名門難関校の発表の場面や勉強法の取材が
特集でやっていて、それこそ家族で大泣きしてcrying喜んでいますね。
我が家はそこまでの学校ではありませんが、次女が通いたい学校と
決めて頑張ってきて、合格をもらったので発表のときは偏差値の高低関係なく
テレビのご家族と同じような気持ちで涙が溢れました。
乗り越えたというほどでもないのですが、やり終えたーという気持ちには
なりました。
どらさんには次女が3年生のときと一昨年の5年生になったときに
会ってもらったことがあるので、成長を見ていただいているようで嬉しいです。

ハリー&ロンのママさんへ

ありがとうございます!
次女は学校から帰って来ると友達と遊んでいますが、
2年間の塾生活がなくなり、気楽な半面、時間が増えて
どう使っていいのか少々戸惑っていますcoldsweats02
                                                                     
本当に慣れるってないですよね。
家の娘もかなり性格が違いますし、学校生活に求めるものも
違うのですよ。
「なぜお姉ちゃんと同じ学校に行かせないの?」と聞かれるのですが、
魅かれる学校の特性が明らかに違いましたので、
同じ学校に入学させることは本人が上の娘と行きたいと言わない限りは
あえて強く勧めないようにしましたconfident

もう~泣けちゃう~。
長きにわたって目的のために努力を重ねて頑張ったRちゃんはほんとすごい!
Rちゃんを支えてバックアップしてきたSさんもほんとに大変だったんだね。
終わってよかったね~、いい結果も出て。
一度も同じクラスにはなれなかったけど、今までありがとうね!
中学行ったら、もっと忙しくてなかなか遊べないかもしれないけど、
また、ご飯行ったりしようね!

あ、そうそう、ノートや教材の山、R太に見せるわ。定期テストが24日から始まるのに、
11.12日はボーイスカウトで朝から夜まで外出、来週19日も人がいないくて1年目だけじゃ
できないからボーイに行くと言うし・・・。ボーイ隊4年目として、責任を果たすのは大変
立派なのですが、テスト勉強はいつやるの???その分、勉強しなくていいんじゃなくて、
他の日にもっと頑張らなくちゃいけなくて、自分はとっても大変になるって思わないとこが不思議・・。

mutsumiちゃんへ

こちらこそ事あるごとにコピー機を借りに行き、話をきいてもらい、
最後まで見届けてくれてありがとうweep
mutsumiちゃんには何かあるたびに話を聞いてもらって、
本当に助けられました。
中学別々になってしまうけど、クラスが違っても仲良しだったし、
地元の友達もとっても大切だと思うので、これからも仲よくしてやってね。
そして私たちはまぁずっと仲良しよ~happy01
(本当は私とご主人が同級生なのに奥さんのmutsumiちゃんと仲良しになっちゃったね)
                                                                     
R太君は自分が好きなものは本当に一生懸命になるから、
きっと大丈夫! それでも親としては真剣に勉強に取り組んでほしいと
思う気持ちはよ~~くわかりますconfident

うちは長女がなかなか勉強に集中するのに時間がかかるからね・・・coldsweats01
でもR太君もうちの長女も優しい子だと思うし、頼りなさ気に見えて
頼りになるところがあるから、ちゃんと生きていけると思うんだ、たぶんwink
と、ここで語っても何なので、また会ったときに話しましょう!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544500/53903649

この記事へのトラックバック一覧です: 中学受験、終わって思うこと:

« 受験生の母頼りなくも、終了! | トップページ | ブルーマール・パピーのノノちゃん♪ »