2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« 2013年4月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年5月の1件の記事

2013年5月 7日 (火)

連休、明けました

Golden Week、過ぎましたね。

我が家の連休は子供たちのほうが忙しくて、家族で外出もできずに終わりましたdespair

ふたりとも宿題や研究の調べ物に追われ、次女は部活もあったので本当に忙しそうでした。

計画性がいまひとつだったのか、昨夜はほぼ寝ないで宿題を片付けていたこともあり、

今日は部活がなかったので6時に帰宅して、横になった途端に寝てしまったとか・・・

今の子供たちはやることが多くて大変だなぁと本当に思いますthink

                                                         

私はと言えば、連休と連休の間にEXILEのドームコンサートに行って来ました!

201305g1

                                                      

3時間半、あっという間に過ぎました!やっぱり、すごい!

バラード調以外の曲は立って、フラッグを振っていたので、スポーツ観戦の応援後のような

心地よい疲れと爽快感が残りました。

                                                      

後半は買い物とお散歩以外は遠出することなく、家で過ごすことが多かったです。

そら&りきのシャンプーをして、スッキリとしたワンズを見て自己満足に浸ってみたり…

5日は野球に興味のない私も、松井選手の引退式と国民栄誉賞受賞のテレビに思わず

見入ってしまいました。

素晴らしいセレモニーだったなぁと思います。

松井さんはひたすら謙虚で人格者だなぁと感心しきり、でもなんといってもミスタープロ野球こと、

長嶋さんの歩く姿、立つ姿を見て、スピーチを聞いて本当に驚きました。

母も同じように半身麻痺という状態ですが、相当にリハビリをしないと長嶋さんのように

真っ直ぐに立つ、歩くのは本当に大変なことなんです。

そしてうつ状態に陥りやすいとも言われていますが、長嶋さん特有のPositive thinkingで

前向きにひたむきにリハビリをし続けてきたのだろうと考えると、現役時代の活躍を

よく知り得ない私でさえ、この方はやっぱり凄い方なんだなぁと思えました。

長嶋さんが回りに与える影響の大きさを改めてすごいと思い、このお二人の国民栄誉賞授与は

誰しも納得!ということですね。                                   

                                                      

今日は午後から急に風が強くなり、自転車で買い物に行ったら大変でした。

夕方のお散歩の時間も風が強くて、せっかくシャンプ-したのに埃まみれになりそう・・・

もちろん汚れ防止対策でお洋服を着せて行ったのですが、公園でご老人に声をかけられまして・・・

男性ご老人:ちょっとお尋ねしますが、犬たちに服を着せてその子たちは満足してるんですか?

私:いえ、犬たちは満足はしていないと思いますが、着せていると汚れ具合が違うんです。

  特に今日のような風が強くて埃っぽい時は。

ご老人:ふ~ん、そうですか。

 といった会話でその方はただ聞きたかったという感じでした。

まぁワンコに服を着せることに、不思議に思う方のほうが普通なのかもしれませんね。

                                                      

201305g2

                                                      

風に向かって歩いてます!

201305g3

                                                     

201305g4

                                                      

今週も何かと忙しそうですが、張り切って行きますrock

                                                      

                                                       

« 2013年4月 | トップページ | 2013年7月 »