2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« 2015年7月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年8月の2件の記事

2015年8月29日 (土)

夏休みの出来事~りきの鼻にできもの

夏休み前半は家電の故障から始まり、でもこれは今にしてみれば大した事でもなく、

次の長女の入院騒ぎはさすがに慌てましたが、これも原因がはっきりとしてましたし、

良くなるのがわかる病気でしたし、今はすっかり元気ですから一安心です。

 

しかし、ここから本当の心配事が始まるのでした。

長女が入院していると同じころに、りきの鼻の穴の下にプチッと出来物を発見しました。

蚊にでも刺されたかと様子を見ていたのですが、小さくも大きくもならない。

長女が退院したのが午前中、同じ日の午後の診察時間にりきを連れて病院へ。

先生が少し切って顕微鏡で見たところ、悪いもののようには思えないけど、できたところが

鼻という場所が気になるし、1週間の抗生剤で様子を見て、それでも大きくなるようだったら、

取って病理検査に出したほうがいいということになりました。

 

201508riki5

(取る3日前のりきのお鼻)

抗生剤で小さくなりますようにと毎日祈っていましたが、少しづつ大きくなっている・・・

切るにしてもお盆の帰省から戻ってからにしようと主人と話していたのですが、

そうすると10日後、さらに大きくなると切る部分も大きくなるということで、帰省する前に

取ることにしました。

取ることは無事に終わり、傷も化膿することなく順調、田舎でも変わらずに元気に走っていました。

 

201508riki1

(腫瘍を採る当日の朝)

 

201508riki3_2

(病院に着いて、私の足の下に隠れるりき)

 

201508riki4

(車を止めてから来たパパに抱っこされて安心するりき)

 

201508riki2

(切った後のりきのお鼻)

でもでも、やはり病理検査の結果が出るまで、ずっと不安でした。

最悪のことを考えたりもして・・・、

鼻の腫瘍が悪性だった場合、治療が難しいことを知っているだけに、りきが苦しむことはいやだと。

そしてなにより、そらに続いて、りきがいなくなることは本当に耐えられない。

この子には長生きしてもらって、まだまだ一緒に楽しい時間を過ごしたいのですから。

でも大丈夫、こんなに元気だし、変わったこともないし、そんな思いの繰り返しの2週間。

 

抜糸するときに結果を聞くことになっていたのですが、怖くて怖くて主人にだけ行ってもらいたいくらいでした。

診察室に入る早々に先生から紙を渡され、「はい、これ病理検査の結果ね。良性のもの、

イボだったということですね」と。

緊張していた体の力が一気に抜けて「はぁ~、よかった」と、涙が出そうでした。

が、これからりきの抜糸があるので、怖がるりきを安心させて押さえなければなりませんから、

一旦、気持ちを切り替えてと。

帰りの車の中は行きの緊張して話すこともできない空気感から一変して、明るい空間になりました。

バイト先の長女にもメールしたら、喜びのスタンプが連打。

家にいた次女もすぐに結果を教えてくれと、ほかの話の最中に割り込んで来たりと。

家族全員が不安な2週間を過ごしていましたが、やっと皆が明るい表情になりました。

 

201508riki6

(抜糸が終わって、早く帰ろうと見つめるりき)

 

その間、本厄の長女と厄払いに行ったりもして、アタフタしてましたね。

りきは元気ですが、鼻の出来物を診てもらいに行ったときに、春は血液検査しかしていなかったので、

レントゲンとエコー検査をしてもらいました。

シニアになるとシェルティはなりやすいのか(お友達シェルティちゃんも)、胆嚢に泥が少しあるということで、

それが固まらようにするお薬を毎日、飲んでいます。

それ以外は特に問題ないようですし、お鼻も切って縫うから形が変形しちゃうよと言われてましたが、

よ~く見ないと本当にわかりませんから、可愛いままです!

りきはたまたまお鼻にイボ(良性でも腫瘍というらしいです)ができてしまいましたが、

体質的に体にできる子はできるらしいので、今後もボディチェックをまめにします。

長くなってしまいましたが、この夏はそんなこんなであっという間に過ぎていったように思います。

また時間のあるときに帰省したときのこともアップしたいと思います、たぶん・・・

 

201508riki7_2

(昨日のお散歩中のりき)

いろいろあった夏休みも終わり~

今年の夏休み(学生がいるので7月20~8月31日対象とします)は、早々からバタバタとはじまりました。

最初に22年間使用していた電子レンジがとうとう壊れ、次に洗濯機が壊れました。

洗濯機は調子悪いなぁと思いつつ使用していたのですが、ついに脱水機能しか使えなくなり、

修理屋さんが来るまで3日間、5人分の洗濯物を手洗いするという昔の方々の大変さを知ることに。

修理費が高額で7年間使用していたこともあり、新しいものに買い替えすることにしたのですが、

ここからがすごい!購入しても配送設置されまでに1週間近くかかるのではないかと、

まだ手で洗うのかときついなぁと思っていたところ、主人が某大手電機量販店のネット通販で、

朝いちばんに注文したところ、当日の夜に配送設置してくれるとのこと。

そして本当に来てくれました!夜の22時半に・・・

本当は9時までに来れる予定だったらしいのですが、前のお宅での作業が大変で時間がかかったと、

遅くなったことにとても恐縮してました。

いやいや、こちらこそ遅くなっても来てくれて作業してくれたお蔭で、翌朝からお洗濯をすることが

できて本当に有難かったです!

そしてまたその方たちはさらに待っているお客様がいるとのことで、行かれました。

本当にありがとうございました。お疲れさまでした。

 

洗濯機が無事に設置された翌日、大学生の長女が体調を崩して、救急外来センターに行くことになりました。

その日は検査をして、点滴をしてもらったりして、朝方に帰宅したのですが、あまり良くならなかったので、

2日後に入院することとなりました。

幸い、大事に至らずに少しづつ良くなり、無事に退院し、その後も元気にバイトに行ったり、

友達と会ったりして、夏休みを楽しんでいます。

救急外来センターに深夜から朝方までいたのですが、やはりいろいろな患者さんがいますね。

警察の方が出入りして、ちょっと形相のあまりよろしくない若者がいたり、急性アルコール中毒で

苦しんでいる若いお姉さんがいたり、何より付き添いのお友達が大変そうで・・・

 

前半はそんなこんなであっという間に過ぎて、でも本当に大変なことは8月に入ってからでした。

つづく・・・・・・・・

« 2015年7月 | トップページ | 2015年10月 »