2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« いろいろあった夏休みも終わり~ | トップページ | 夏から秋へ、行事たくさん »

2015年8月29日 (土)

夏休みの出来事~りきの鼻にできもの

夏休み前半は家電の故障から始まり、でもこれは今にしてみれば大した事でもなく、

次の長女の入院騒ぎはさすがに慌てましたが、これも原因がはっきりとしてましたし、

良くなるのがわかる病気でしたし、今はすっかり元気ですから一安心です。

 

しかし、ここから本当の心配事が始まるのでした。

長女が入院していると同じころに、りきの鼻の穴の下にプチッと出来物を発見しました。

蚊にでも刺されたかと様子を見ていたのですが、小さくも大きくもならない。

長女が退院したのが午前中、同じ日の午後の診察時間にりきを連れて病院へ。

先生が少し切って顕微鏡で見たところ、悪いもののようには思えないけど、できたところが

鼻という場所が気になるし、1週間の抗生剤で様子を見て、それでも大きくなるようだったら、

取って病理検査に出したほうがいいということになりました。

 

201508riki5

(取る3日前のりきのお鼻)

抗生剤で小さくなりますようにと毎日祈っていましたが、少しづつ大きくなっている・・・

切るにしてもお盆の帰省から戻ってからにしようと主人と話していたのですが、

そうすると10日後、さらに大きくなると切る部分も大きくなるということで、帰省する前に

取ることにしました。

取ることは無事に終わり、傷も化膿することなく順調、田舎でも変わらずに元気に走っていました。

 

201508riki1

(腫瘍を採る当日の朝)

 

201508riki3_2

(病院に着いて、私の足の下に隠れるりき)

 

201508riki4

(車を止めてから来たパパに抱っこされて安心するりき)

 

201508riki2

(切った後のりきのお鼻)

でもでも、やはり病理検査の結果が出るまで、ずっと不安でした。

最悪のことを考えたりもして・・・、

鼻の腫瘍が悪性だった場合、治療が難しいことを知っているだけに、りきが苦しむことはいやだと。

そしてなにより、そらに続いて、りきがいなくなることは本当に耐えられない。

この子には長生きしてもらって、まだまだ一緒に楽しい時間を過ごしたいのですから。

でも大丈夫、こんなに元気だし、変わったこともないし、そんな思いの繰り返しの2週間。

 

抜糸するときに結果を聞くことになっていたのですが、怖くて怖くて主人にだけ行ってもらいたいくらいでした。

診察室に入る早々に先生から紙を渡され、「はい、これ病理検査の結果ね。良性のもの、

イボだったということですね」と。

緊張していた体の力が一気に抜けて「はぁ~、よかった」と、涙が出そうでした。

が、これからりきの抜糸があるので、怖がるりきを安心させて押さえなければなりませんから、

一旦、気持ちを切り替えてと。

帰りの車の中は行きの緊張して話すこともできない空気感から一変して、明るい空間になりました。

バイト先の長女にもメールしたら、喜びのスタンプが連打。

家にいた次女もすぐに結果を教えてくれと、ほかの話の最中に割り込んで来たりと。

家族全員が不安な2週間を過ごしていましたが、やっと皆が明るい表情になりました。

 

201508riki6

(抜糸が終わって、早く帰ろうと見つめるりき)

 

その間、本厄の長女と厄払いに行ったりもして、アタフタしてましたね。

りきは元気ですが、鼻の出来物を診てもらいに行ったときに、春は血液検査しかしていなかったので、

レントゲンとエコー検査をしてもらいました。

シニアになるとシェルティはなりやすいのか(お友達シェルティちゃんも)、胆嚢に泥が少しあるということで、

それが固まらようにするお薬を毎日、飲んでいます。

それ以外は特に問題ないようですし、お鼻も切って縫うから形が変形しちゃうよと言われてましたが、

よ~く見ないと本当にわかりませんから、可愛いままです!

りきはたまたまお鼻にイボ(良性でも腫瘍というらしいです)ができてしまいましたが、

体質的に体にできる子はできるらしいので、今後もボディチェックをまめにします。

長くなってしまいましたが、この夏はそんなこんなであっという間に過ぎていったように思います。

また時間のあるときに帰省したときのこともアップしたいと思います、たぶん・・・

 

201508riki7_2

(昨日のお散歩中のりき)

« いろいろあった夏休みも終わり~ | トップページ | 夏から秋へ、行事たくさん »

コメント

いぼが良性でよかったですね。ご家族全員が不安な日々をすごされたことがよくわかります。
りきちゃん、可愛いままで良かったね!

ママさ~ん!良かった----!!!
もう、タイトルを見たときから胸がドキドキして、読み進めるのがコワくって。
洗濯機の記事を最初に書いていらっしゃるぐらいだから、大丈夫だったに違いない、と思いつつも
おできを見せてくれてるりきくんの、なに??というような可愛い横目を見たら涙が出てきました。
良かった、本当に良かったですねー。ホッとして私も脱力しました・・
長野でどんなふうに走り回って楽しんでいたのか、ぜひアップしてくださいね。
楽しみにしていまーすhappy01

lisafamilyさんへ

ありがとうございます。
本当にワンコは話せないだけに、何かあるとどうしていいいかアタフタしてしまいます。
リサファミリーさんはみーちゃんとなーちゃんにできるあらゆることをやっていらっしゃって、
頭が下がる思いです。

まみみさんへ

ご自分のワンちゃんのようにご心配、そして安心していただいて、ありがとうございます。
そらのことがあってから、何かもっと早く異変に気が付いてあげれなかったのかと、
たびたび思うことがあるので、りきがちょっとくしゃみをしただけでもドキッとする始末です。
今回は腫瘍(イボでも)ができたものですから、何をしても気持ちが引っかかっていましたが、
良性でよかったです、本当に。
でもりきも8歳ですから、だんだんとそんな心配ごとが多くなるのかと、少しの覚悟も必要かと
考えています。
もちろんナーバスになり過ぎずに楽しく過ごしていきたいと思います。

良性でよかったですねー!
行きと帰りの車内がぜんぜん違うの、すごーくわかります。

胆嚢の泥というのは、なんという病名(?)ですか?
うちは血液と尿の検査くらいしかしていないので心配になりました。
きっと体質似てるだろうし・・
よかったら教えてください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544500/62178264

この記事へのトラックバック一覧です: 夏休みの出来事~りきの鼻にできもの:

« いろいろあった夏休みも終わり~ | トップページ | 夏から秋へ、行事たくさん »