2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« パンケーキのはしご | トップページ | 懐かしくも新鮮なユーミンのコンサート »

2019年3月11日 (月)

3月11日

今日は3月11日、いつもとさほど変わらない時間を過ごして1日が終わろうとしています。

 

8年前、怖くてずっと不安だったあの14時26分から夜を迎えていたのに。

 

次女はすぐ近くの小学校で待機していた、長女は中2の海外研修でアメリカにいた、

 

夫は34階のオフィスでものすごい揺れで気分が悪くなったと。

 

そして階段で下まで降りて、何時間もかけて家族が心配で歩いて期待した。

 

今は亡き母は私たちと一緒にいた。

 

あのときはそらもいた。そらとりきにリードをかけて慌てて外に出た私。

 

でもそんな怖い思いの何十倍も恐怖と家族の安否を不安に感じていた東北の方たち。

 

今も癒えぬ思いをずっと持って生きている方たちに何を言えるだろうか。

 

今、普通に生活できる自分を今一度、幸せに思い生きて行かねばならない。

 

ここ最近、辛いことが続いて、うまくいかないことが合ったりして、生きる元気を少しなくしていた。

 

ちゃんと生きないといけませんね。

 

 

 

「最後だとわかっていたなら」

 

 

 

あなたが眠りにつくのを見るのが 最後だとわかっていたなら

 

わたしは もっとちゃんとカバーをかけて

 

神様にその魂を守ってくださるように 祈っただろう

 

 

 

あなたがドアを出て行くのを見るのが 最後だとわかっていたら

 

わたしは あなたを抱きしめて キスをして

 

そしてまたもう一度呼び寄せて 抱きしめただろう

 

 

 

あなたが喜びに満ちた声をあげるの聞くのが 最後だとわかっていたら

 

わたしは その一部始終をビデオにとって 毎日繰り返し見ただろう

 

 

 

あなたは言わなくても 分かってくれていたかもしれないけれど

 

最後だとわかっていたら

 

一言だけでいい・・・「あなたを愛している」と

 

わたしは伝えただろう

 

 

 

たしかにいつも明日はやってくる

 

でももしそれがわたしの勘違いで 今日で全てが終わるのだとしたら

 

わたしは 今日 どんなにあなたを愛しているか伝えたい

 

 

 

そして わたしたちは 忘れないようにしたい

 

 

 

若い人にも 年老いた人にも

 

明日は誰にも約束されていないのだとういうことを

 

愛する人を抱きしめられるのは

 

今日が最後になるかもしれないことを

 

 

 

「ごめんね」や「許してね」や「ありがとう」や「気にしないで」を

 

伝える時を持とう

 

そうすれば もし明日が来ないとしても

 

あなたは きょうを後悔しないだろうから

 

 

 

 

 

「最後だとわかっていたなら」 岩手日報より

« パンケーキのはしご | トップページ | 懐かしくも新鮮なユーミンのコンサート »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3月11日:

« パンケーキのはしご | トップページ | 懐かしくも新鮮なユーミンのコンサート »