フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 平成最後の帰省(家族旅行) Part.6 | トップページ | 連休最後のお出かけは秩父へ »

2019年4月30日 (火)

平成最後の日は…

平成最後の日、いつもと変わらず家事をしてお昼ご飯食べて平和な日を過ごしています。

 

特別な感情はなかったけど、平成天皇陛下と皇后さまには心から感謝と敬意の気持ちを送らせていただきたい。

昭和からの多くの事柄や思いを背負われて過ごされて尽力された日々、明日からは穏やかに

ご夫婦でゆっくりと過ごしていただきたいと心から思います。

 

 

 

生存退位のお気持ちを強く推し進めてきた天皇陛下。

 

昭和天皇の体調が日に日に悪化をたどり、速報で体温、脈拍、血圧、呼吸数が毎日報道されていたあの時。
各地の祭り、イベント、CMなどバラエティー番組も自粛されて、日本全体が暗い空気に覆われていた。
当然と言えばそうだけど、子供までその雰囲気にのまれていた。
その雰囲気を懸念していたのは当時の皇太子殿下だと思います。
そして30年後、自ら退位を決めたのは、そのを暗い空気感を再び繰り返すことは良しとしなかった。
陛下の国民への最後の心配りですね。
だから、心からそのお気持ちに感謝して過ごしたいと思います。
そして退位礼正殿の儀 天皇陛下のお言葉は短くも心に残るものでした。
「今日(こんにち)をもち、天皇としての務めを終えることになりました。
 ただ今、国民を代表して、安倍内閣総理大臣の述べられた言葉に、深く謝意を表します。
  即位から三十年、これまでの天皇としての務めを、国民への深い信頼と敬愛をもって行い得たことは、
 幸せなことでした。象徴としての私を受け入れ、支えてくれた国民に、心から感謝します。
 明日(あす)から始まる新しい令和の時代が、平和で実り多くあることを、皇后と共に心から願い、
 ここに我が国と世界の人々の安寧と幸せを祈ります。」
壇上から降りる際、いつもと変わらずに美智子皇后さまに手を差し伸べて、
お部屋から出る時に、本来なら振り返ることなく出られるはずが、振り返り止まり、
美智子様を再び見て、皆を見て、一礼するそのお姿、最後にお別れをしてくださったと見えて
涙がこぼれました。
本当にありがとうございました。
画像
画像

« 平成最後の帰省(家族旅行) Part.6 | トップページ | 連休最後のお出かけは秩父へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 平成最後の帰省(家族旅行) Part.6 | トップページ | 連休最後のお出かけは秩父へ »