フォト
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

お楽しみ情報HP&Blog

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

日記・コラム・つぶやき

2016年1月11日 (月)

りきの耳を掻くのは何が原因?

そらがいなくなってからというもの、家族みんなの目がりきに集まります。

なにかちょっとでも普段と違うと、大丈夫なのかと心配してしまいます。

りきは以前から時々、体や耳を掻いたりしていましたが、ここ数か月は特に両耳の後ろを

掻いていたので、いつも行く病院で診てもらいましたが特に何も出ませんでした。


皮膚が被れる、赤くなるということもなかったので、しばらく様子を見ていましたが、

この2~3週間は耳の後ろを掻くことが多くなり、胆のうの薬を抜いたり、あげる食べ物を制限したり

してして経過を見ていました。


それでも変わりがなかったので、以前リサファミリーさんが耳の専門医がいる病院に

行かれたことを思い出し、紹介していただきました。


院長先生に診ていただいたところ、なにも病変はみられないとのことでした。


逆に毛ツヤも素晴らしい、歯もきれい、耳もきれいと褒められました(^.^)

それでも気になるならアレルギーテストをするということもできるけど、まだその必要性はないと思いますよ、

と言われて、ひとまず安心してもうしばらく様子をみることにしました。

耳の中の毛のカットがチクチクして気になることもあるから、カットをしないようにとのアドバイスを

いただいたり、いろいろな資料を見せてくれながらの説明にとても分かりやすく安心できました。

「今は問題なくても年齢的にまた別の心配も出てくることもあるので、様子を見てあげる

 ことは大切なことですよ、神経質になり過ぎない程度にね」とも言ってくださいました。

それにしても、ビビり過ぎのりき、普段は絶対に抱っこされるのを嫌がるのに、病院に行くと

登りあがるように抱っこしてくれーという様はなんとも…

今日は気のせいか、ほとんど掻いていなかったような…(^-^;

Img_6018

2016年1月 9日 (土)

長女 10代最後の誕生日と新年会

今日は長女の19才の誕生日!

10代最後の一年、本人にとってはかなり様々な思いがあるようです。

10代と20才では、確かに周りからの見られ方も変わりますからね。

今日は母への年始の挨拶に、長男、次男家族が来てくれて、久しぶりに全員集合して、

賑やかな食卓になりました。

(お正月、兄達はお店を開けていること、私たちが帰省することから、少しずれての新年会になります)

そしてケーキも3つという贅沢な誕生日。

一つは兄たちから、一つは私たち親から、そしてもう一つは主人が食べたくて買ったトップスの

チョコレートケーキ。

プレゼントはお出かけ用のバッグを主人と二人で選んだものをあげたら、とても喜んでくれました。

良かったね、パパが奮発してくれたおかげです。


娘には甘いからね。

Img_6017

2016年1月 1日 (金)

元旦

あけましておめでとうございますfuji

長野は元旦の朝に雪が降り、真っ白な世界から始まりました。

主人の両親、義姉夫婦、義兄、私たち家族でおせち料理とお雑煮を
美味しくいただきました。

りきも朝のお散歩で元気よく走り出したものの、
すぐに雪玉ができてしまうので、歩きにくそうになり、取ってはできるの繰り返しでした。

とても元気に新しい年を迎えられて、本当に嬉しい限りです。

本年もよろしくお願い申し上げます。

2015年11月26日 (木)

一緒にお出かけ

今日は寒~い日でしたね。

12月までは暖房器具は使わないからね、と娘たちに言っていたのに挫けました。

ガスファンヒーターを出しました。

 

もう冬を迎えますね。そらがいなくなって1年が過ぎました。

20日の命日にブログを更新しようと思い、悲しい内容ではなく、そらが我が家に来てからの

写真を数枚、アップしようかと今までの写真を見てたら、見入ってしまって・・・

思い出たくさん過ぎて、ずっと会いたいと思ってたけど、さらに会いたい気持ちが募りました。

もうしばらくしたら、そらのことを書きたいと思います。

 

りきは元気です。最近は私のストーカーです(^-^;

週末、私と主人が出かけるとき、寂しそうな顔をするので、一緒に連れていけるときは

車に乗せていきます。

今の時期は買い物している間、10分ぐらいなら車で待たせても熱中症になる危険はないですよね。

先週末も主人の用で練馬に行ったその帰りに、とても久しぶりに光が丘公園に寄ってお散歩してきました。

10年以上前に友人が光が丘に住んでいたので、よく遊びに来ていましたが、友人が

引っ越してからはまったく行かなくなってしまって。

子供も大人もワンコの散歩している人もたくさんいて、公園はにぎやかでした。

自然もあり、遊具もスポーツするのも素晴らしい環境ですね。

りきは初めての公園なので、キョロキョロしながら張り切って歩いていました。

歩道から林に入ると、山の中を歩いているようです。


20151122h1_4



20151122h2_3



20151122h3_2

 

20151122h4

 

アルバイトに行く長女を送っていくときも、一緒に乗って嬉しそうなりきなのでした。

20151122a_2

 

「うわぁ~、りき、毛がつくから膝にのらないで~」と騒いでいた長女、

可愛さに負けて、あきらめました。

 

2015年10月29日 (木)

夏から秋へ、行事たくさん

                                                        
いつものことながら更新が季節ごとになっています。

いろいろとあった夏からあっという間に秋です。

今年は残暑があまり感じることなく、季節が変わった気がします。

9月は夏休みが明けて普通の生活に戻った次女とまだ夏休みでバイトやらサークルの合宿に

行ったり、友達と会ったりしてほとんど家にいない長女、シルバーウイークが入ったりと

なんだかその生活リズムについていけずにバタバタと過ごしていたように思います。

でも、そんな時間の流れの中で、りきとの散歩の時間は体の力を抜いて、外の空気の変化を

感じながら、リラックスできる大事な時間です。

201510273_3

201510274

 

 

10月に入ってからは、やっと長女も大学が始まり、次女の体育祭や文化祭もあり、

そして私は家族の理解と協力のもと、楽天ジャパンオープンに1週間、観戦してきました。

すごい倍率のチケットがなんと当たり、さすがに全部は行けないと思いつつ聞いたところ、

「行って来なよ、せっかく当たって買えたんだから」と。

ということで、いつもテレビで見ているテニスプレイヤーたちのプレイを生で見ることができました。

実は昨年も3回ほど見に行っています。

昨年は錦織君が全米で活躍してブレークする前にチケットを春先に勝ったので、なんとか

取れたので、緊迫の決勝戦を見て、錦織君の優勝を見れて感動したのですが、

まぁ今年は抽選販売なので、大変でした。

残念ながら、今年は錦織君は全米で負けたペール選手にリベンジできず、準決勝で敗退して

しまいましたが、観客の皆さんは決勝戦まで高レベルの試合を楽しんでいました。

それにしても錦織君への注目度、期待度はすさまじいものがあります。

かれは相当のプレッシャーを感じているのだろうなぁとつらくなります。

昨年はホームのアドバンテージを力にして、決勝戦まで勝ち上がり、優勝しましたが、

今年はトップの選手の仲間入りをしたことで、かなり研究されて、自分のテニスを昨年ほどできない、

少し壁にぶつかったかなぁという戦い方してます。

大会の盛り上げ役の松岡修造さんも「錦織圭はこれからしばらくつらい時期を迎えると思う。

今は自分のテニスができていない。でもこれを乗り越えなければ次へと行けない」と

お話しをしていました。

錦織君が10代のころから応援していた私としては、ちゃんと応援しますよ。

今年の優勝者はスイスのワウリンカ選手、見事なプレーでした。

Rakuten3

Rakuten1


2015年8月29日 (土)

いろいろあった夏休みも終わり~

今年の夏休み(学生がいるので7月20~8月31日対象とします)は、早々からバタバタとはじまりました。

最初に22年間使用していた電子レンジがとうとう壊れ、次に洗濯機が壊れました。

洗濯機は調子悪いなぁと思いつつ使用していたのですが、ついに脱水機能しか使えなくなり、

修理屋さんが来るまで3日間、5人分の洗濯物を手洗いするという昔の方々の大変さを知ることに。

修理費が高額で7年間使用していたこともあり、新しいものに買い替えすることにしたのですが、

ここからがすごい!購入しても配送設置されまでに1週間近くかかるのではないかと、

まだ手で洗うのかときついなぁと思っていたところ、主人が某大手電機量販店のネット通販で、

朝いちばんに注文したところ、当日の夜に配送設置してくれるとのこと。

そして本当に来てくれました!夜の22時半に・・・

本当は9時までに来れる予定だったらしいのですが、前のお宅での作業が大変で時間がかかったと、

遅くなったことにとても恐縮してました。

いやいや、こちらこそ遅くなっても来てくれて作業してくれたお蔭で、翌朝からお洗濯をすることが

できて本当に有難かったです!

そしてまたその方たちはさらに待っているお客様がいるとのことで、行かれました。

本当にありがとうございました。お疲れさまでした。

 

洗濯機が無事に設置された翌日、大学生の長女が体調を崩して、救急外来センターに行くことになりました。

その日は検査をして、点滴をしてもらったりして、朝方に帰宅したのですが、あまり良くならなかったので、

2日後に入院することとなりました。

幸い、大事に至らずに少しづつ良くなり、無事に退院し、その後も元気にバイトに行ったり、

友達と会ったりして、夏休みを楽しんでいます。

救急外来センターに深夜から朝方までいたのですが、やはりいろいろな患者さんがいますね。

警察の方が出入りして、ちょっと形相のあまりよろしくない若者がいたり、急性アルコール中毒で

苦しんでいる若いお姉さんがいたり、何より付き添いのお友達が大変そうで・・・

 

前半はそんなこんなであっという間に過ぎて、でも本当に大変なことは8月に入ってからでした。

つづく・・・・・・・・

2015年7月20日 (月)

夕焼けがきれい!

8回目のそらの月命日、今日のお散歩の帰り道に、きれいな夕焼けを見ました。

Img_4590

 

りきにはそんなきれいな景色は興味ないらしく・・・大あくびです。

 

Img_4583_6

もう7月半ばも過ぎて、夏休みですね。

次女は今週から夏休みに入り、宿題がたくさんあるはずなのに、のんびりし過ぎているように見えますし、

長女はまだ試験中で思いのほか大変だと感じて必死に勉強しているように見えます。

私は相変わらず日々のことに追われながらも元気にしています。

 

最近はみなさん、Facebookに移行しているようで、私もちょっとしたことは先にそちらに

投稿してしまうのですが、やはりブログのほうが自分の思いや出来事を記録するには、

いいような気がします。

先々週末、りきといっしょに主人とお出かけしてきました。

そのことはまた後日、アップできればと思います。

 

先週は東京のお盆でしたね。

父の11回目のお盆とそらの新盆、一緒にやりました。

迎え火をしながら、ちゃんとそらに帰っておいでよと語りかけていました。

ささやかながら父とそらの好きだったものをお供えしていたら、りきが気になってしまい、

普段は入ってはいけない母の部屋に入って、そらのところからササミを一つ食べてしまいました。

そんなことをFacebookに載せたら、そらちゃんの代わりに食べたのね、とか、そらちゃんが

代わりに食べてって言ったのよ、なんてコメントをいただきまして、

ならば、そういうことにしておきましょう、っということでcoldsweats01

201507131
                                                        

送り火をするときは、いつでも帰っておいでね、と思いながらしていました。

そらのいない生活に慣れてはきています、でも本当に突然、どうしようもなく会いたくもなります。

 

Sora07

今日も主人とホームセンターに買い物に行ったとき、ワンコのおもちゃ売り場で一つのボールを

持って見つめていた主人、それはプラスチックで中に鈴が入っているボール、

「それ、家にあるよ」と言うと、「そら、このボールが好きだったから買って帰ってあげようと

思ったけど、あるんだ」と言うのです。

このボール、かなり音がうるさいので、多分母が嫌がり隠していたのでしょうsweat01

だいぶ前に母の引き出しに入っているのを見つけて、そっとそらとりきのおもちゃの箱に

戻したけど、そらは大人になったからかそのボールではもう遊ばなかったです。

主人はたまにそらのことをポツリと言います。

そんな時、なぜか私は黙ってしまいます。

たぶん、まだ楽しかった思い出として話をすることができないのだと思います。

涙が出そうになるのです。

おそらく、子供たちもそうなのではないかと思います。

写真を見たりすれば、「かわいいね~、そら」と言いますが、そこから話が続きません。

主人がたまにそらの話を出すとき、彼もまた本当にそらのことが大好きで可愛くて、

いないことが悲しいのだと、よくわかります。

男ですから、夫ですから、父親ですから、そらがいなくなったときはいちばんしっかりと

していなければならなかったんですよね。

あー、本当に私も駄目ですね。また湿っぽくなってしまって・・・

いまは本当にりきと毎日、楽しく散歩しているんですよ!

りきはママっ子になってますからheart04

2015年5月20日 (水)

りき、8歳になりました。

今日はりきの8歳のお誕生日です。

早いなぁというのが一番の感想なんですけど、写真を見て振り返ってみると,ちゃんと思い出が

あるので、一緒に年を重ねてきたんだなぁと思います。

 

そらがいなくなってみると、りきって結構弟的なだけに1歩引いてたのかなぁと思うこともあります。

どこかでそらが兄貴で優先するべく存在とわかっていたのかなと思うこともしばしばあります。

そらがいるときはしなかったことをしたり、同じような行動をしたりします。

今はまぁまぁ私のストーカーしてます。

前はそらの動きを見てりきも動いていましたが、さすがに自分で察知して動かないともらえるものが

もらえないとわかったり、私が着替えると自分の散歩時間なのか、留守番なのかがわかるようになり、

留守番のほうだとわかると、静かに寝に戻ります。

そんな姿を見ると、切なくなりますね。

 

バースデーケーキの用意がしてあげれなかったけど、いつもより多めのトッピングと

デザートのいちごを喜んで食べてくれました。

そして遅く帰宅して、ごはんを食べる主人の横に座り、ちゃっかりおやつをもらってました。

 

長女の受験も終わり、行事もひと段落したので、梅雨に入る前に一緒にお出かけしたいなぁと

どこに行くか考え中です。

Img_1900

 

Img_1905


                                                        

Img_1918

 

Img_41841
                                                        

りき、お誕生日おめでとう!

その笑顔がたくさん見れるように、一緒に楽しく過ごしていこうね!

                                                        


 

2015年5月 5日 (火)

10年前の今日

3月に更新してから早2か月が過ぎました。

この間、次女も中学校の卒業式を終え、春休みもあっという間に過ぎて、

4月入ってすぐに長女の大学の入学式、次女の高校の入学式と春の行事盛りだくさんでした。

私も長女次女のそれぞれの学年のお母様方とお疲れさま会の食事会をしたり、

保育園の時の同窓会を親子でしたりと、スイスから友人親子帰国したりと、なかなか忙しい

日々を過ごしていました。                                       

 

そんな日々の中、今年の桜の季節は短かく、新緑に季節となりましたが、やはりお散歩すると、

そらのことを思い出しては、懐かしさよりはまだ悲しさのほうが大きく感じてしまいます。

そらのいない生活に慣れたようで、やはりまだ受け入れたくないという思いもあります。

本当にいつまでそんな気持ちでいるのかと情けなくもなりますが・・・

生活が落ち着いてきたから、余計そう感じるのかなという思いもあります。

 

10年前の5月4日、入院している父の看病を義姉が変わってくれて、久しぶりに家族4人で

お昼ごはんを食べに行き、その途中で立ち寄ったペットショップでそらに出会いました。

よく言う出会ってしまった、というやつですね。

それまでも母の介護と父の看病で疲れたとき、主人と二人のとき、家族で出かけたときに、

ペットショップに立ち寄っては、かわいい子犬ちゃんたちから癒しをもらっていました。

でも今思うと、あの小さなガラス箱に入れられて、迎えてくれる家族を待つあの子たちに、

癒してもらおうなんて考え、本当に間違ったことでした。ごめんなさい。

 

そらに会うまでも、ワンコを迎えたいと思う気持ちは強かったのですが、主人がこれ以上、

私の負担が増えることに反対していたので、それもそうだと納得していました。

でもそらに会ったとき、そんな気持ちは飛んでしまったんですね。

抱っこをさせてもらって返しても、私がその場をなかなか離れようともせず、帰ろうともせず、

それを見た主人が「おばあちゃんに聞いて承諾してもらったら、この子を迎える?」と。

子供たちもそれを聞いて喜んで、おばあちゃんに頼む~と張り切ってました。

ここは子供たちに任せたほうが、おばあちゃんも拒否もしずらいだろうと託しちゃったんです。

そして無事におばあちゃんの許可をもらって、翌日(10年前の5月5日)のお店の開店を待って、

すぐにそらを迎えに行きました。

私は覚えてないのですが、長女と次女はお店が開いて入っていったときに、そらが私たちを

見つけて、ガラスの箱の中からすごく喜んで動き回っていたことを鮮明に覚えているそうです。

諸々の手続きを経て、そらを大事に家に連れて帰りました。

私が初めて自分で心からほしいと思って迎え入れた子です。

10年前のこの日からそらがいなくなる日まで、ずっと一緒でした。

残念なことに10日後に父が他界してしまって、犬好きの父に会わせてあげられなかったのですが、

いまはきっと会えて一緒にいると信じています。臆病で神経質のそらを父が守ってくれていると、

そしてそらもそんな父を見上げているのだと・・・

それでもやっぱり、まだ私のそばにいてほしかったなぁと思ってしまいます。

スミマセン、最終的には湿っぽくなってしまって。

 

そらが我が家に来た日

Sora054


Sora053


                                                       

お散歩デビューのそら

Sora052


                                                        

親ばか承知で、、、可愛かったなぁ

Sora051

2015年2月24日 (火)

そら 10歳の誕生日・・・

今日、2月24日はそらが生きていれば10歳のお誕生日をみんなでお祝いするはずでした。

 

でもそらは私たちが撫でてあげることができるところにはいません。

それが現実ですね。

それでも私は毎年、2月24日が来るとそらのお誕生日を忘れることなく、11歳、12歳・・・と

数えていくのだと思います。

 

そらの前に座ってそらと会話を私はします。

りきはとなりに来たり、後ろから見ていたりしています。

ワンコを飼ったことのない人から見ると???と思われるかもしれませんが、愛犬を失ったことのある

方ならご理解していただけると思います。

入院する前日にも食べたカボチャとささみを入れたスープを今日も作りました。

相変わらず特別なことはしてあげれないけれど、喜んで食べてくれたかな。

20150224

 

「そらがいなくなって3カ月になるんだ」と、受験が終わった長女に言われて、

ここ数カ月、長女の受験のことや日々の生活のことで精一杯だった私は時間の流れの感覚が

麻痺していたように思いますが、悲しみを抑えて過ごしているうちにそらのいない生活に

少しずつ慣れていったのでしょうか。

時々、胸が苦しくなるような思いをどうしたらいいのかわからなくなることもありますが。

それでもそらは長野の田舎のお庭で、大好きな雪の上を元気に走り回っていると思いたいです。

1sora
                                                         

20144

 

そらは特別な存在、それは私にとってずっと変わらないと思います。

でもいまはりきがいてくれることで、どれだけ救われているか、どんなに大きな存在かも

実感しています。有難いです。愛おしいです。

 

20150224_3

りきは猫みたいな性格で、呼んでもすぐに寄ってきません。すごい寒がりです。

りきはそらがいない生活をどう思っているのかはわからないけれど、いまは一人っ子生活にも

慣れてきたように見えます。かなりママっ子になっているように思えます、っと私が勝手に

思っているだけかも・・・?

りきも5月で8歳になります。とにかく長く長く私たちのそばにいてね。

主人も散歩のときに「りきには少しでも長く生きてもらいたい」と、りきと歩きながら言ってました。

なんだかしんみりとしてしまいましたが、もうすぐ3月になり春の気配を感じるようになりますね。

まずは長女の卒業式にそらも出席してもらって、つぎは次女の卒業式、4月はまたそれぞれの入学式。

そら、天国に行ってもまだまだ忙しいね。

 

より以前の記事一覧